富山大学五福キャンパス学生自治会 - 2008/04

学生自治会について




[PR]



2008年04月30日(Wed)▲ページの先頭へ
勾留理由開示公判やりきったぞ!
速報

4・30拘留開示公判やりきったぞ!
 
 富山地方裁判所の4号法廷において、A君の勾留理由開示公判が行われた。
A君を奪還しようと学生・労動者が集まった。
 今回の裁判は、3/9の国際婦人デー、3/16ワーカーズアクションでの合計6人の不当逮捕と全く一体のサミット弾圧だ。青年・学生が「労働運動で革命やろう」「全国学生ゼネストやろう」という闘いにチョービビっている証拠だ。さらに、この件を理由に全国の大学で家宅捜索が行われている。ますますやる気が出てくる。

 公判前には、本日の接見と弁護人を詰めてくださった西村弁護士からA君からのメッセージが伝えられる

「みなさんの檄文で勇気づけられています。法政大学のように弾圧を団結の糧にしてとことん闘いましょう。」

参加者が全員に気合いが入る。法廷があき、一同が中に入る。

 書記官が「○○を法廷にあげてください」と連絡し、A君が法廷に入ってくる。いよいよ2週間ぶりの再開だ。「よし!」と声が飛び、参加者が拍手で迎える。A君が彼らしく照れながらニヤリと笑う。全然元気だ。裁判官が拍手を制止するが、全然無駄だ。

裁判官が理由を読む。「革共同の構成員で無許可で全学連委員長の織田君講演会のビラをまいた」ため。

ふざけんな。参加者から怒りが飛ぶ。

西村弁護士から次々激しい通給が飛ぶ

「かれは富山大学学生のOBだと認識しているのか」
「休み時間にビラをまいたのは、憲法による表現の自由。裁判官はどう思うか?」
「大学当局と警察が敷くんだ政治犯罪だということはあきらか。」


裁判官は西村弁護士の追及に
「答える理由はない。」
「法律の専門家である弁護士の判断に任せます」
「ご想像にお任せします」

などと暴言を吐きまくる。

何とこの裁判官、簡易裁判所の判事で、司法試験も合格せずに書記や事務を経験し、裁判官資格をもらったというデタラメな判事だ。逮捕も不当なら、公判も全くのデタラメだ。

傍聴席からも
「ナンセンス」
「仲間を早く帰せ」
「理由になっていない。裁判官はしっかり答えろ」
「革命を呼びかけるビラをまいて何が悪い」
と抗議で法廷が騒然となった。

意見陳述では、西村弁護士が
「これで起訴されれば歴史的問題だ。もし起訴されれば最高裁まで徹底して闘いぬく」と宣言した。

公判終了後、A君と学生、労働者が彼の前まで行って激励。固い握手を交わし合った。初めて参加した学生も、「考えていたのと全く違う。なにも答えない。許せない」「この怒りを学内に暴露しよう」「ゼネストで反撃だ」という怒りが渦巻いた。

国家権力、大学当局よ!起訴できるもんならやって見ろ!どんどん学生の団結を拡大してA君を奪還し、全国ゼネストで落とし前着けてやるぞ。









2008年04月27日(Sun)▲ページの先頭へ
ちなみに
森川講演会当日ガードマンが各門に張り付いてました。

正門、西門、南門、など総勢10人以上はいました。

ガードマンに質問するとこの日のための臨時警備らしいです。一人の人件費を1万円と考えても1日で10万円!弾圧にお金を使うぐらいなら学生のために使えよ!と私は言いたい!ほんと大学当局の思考回路はふざけてます!







4月30日、勾留開示公判に集まろう!
4月30日、A君の勾留開示公判をおこないます。
場所は富山地方裁判所です。開廷は13時からです。よろしくお願いします


勾留開示公判で獄中ぶち破る団結をやろう
!富大の学生はA君と団結しよう!



森川弁護士講演会が大成功!
森川弁護士が富大キャンパスの昼街宣に登場

学生会館前広場で森川弁護士がアジ!めちゃくちゃビラはけ良い!用意したビラが全部なくなっちゃいました!
学生から反応が返ってくる。

「弁護士も大変なんですね」
「ほんとに弁護士ですか?(笑)」
「やっぱ不当逮捕なんですね」
「がんばってください」
「イヤーヤバいっすね」


など反応が返ってくる。



大学当局が全く出て来れない!
大学当局の不当逮捕をゴリゴリ暴露し、革命を訴えきりました。

休み時間終了10分前に30人の隊列組んでのこのこ出てくる大学当局!
わざわざ「学外者森川文人は退去せよ!」なるプラカードももってきました。織田くんの時もそうだが、よっぽどの暇なんですね!



しかも退去理由が

「そういう理由で来てもらうと困る!」(西川学長補佐
西川学長補佐は現役の人現発達学部(元教育学部)ですけど、本当に教育学部の教官か!といいたくなる回答だ!マジ破綻している。

中央が西川学長補佐

わかりやすすぎる!つまり、学生に真実を暴露して、大学が幻想だとアジられるのが困るそうです。革命訴えられるのが嫌だそうです。
イヤー。ますますやっちゃうよ。これ。

結局、学外に出されましたが大勝利です。予定していた森川講演会も場所を変えて開催。
多くの学生が集まり、3時間たっぷり講演と交流しました。




大学自己暴露!
大学当局の掲示

森川講演会の宣伝あーざーす。

「大学と警察が一体となった不当逮捕をぶった切る」森川講演会として紹介してくれてます。
「大学と警察が一体」と自己暴露!

おもしろすぎる!



2008年04月21日(Mon)▲ページの先頭へ
23日は森川講演会へ
弁護士も革命求めている!
 資本主義を倒したい!
大学当局と警察権力の不当逮捕もバッサリ切るぜ!






■学生は団結して一緒に革命やろう。
 資本主義が音を立てて崩れています。まさに激動の時代です。まさに革命情勢です。この時代に学生は熱く生きよう!何が洞爺湖サミットだ!世界の帝国主義が資本主義を延命させるための徒党だ。G8のGは強盗のGだ。こんなものは、学生・労働者がストライキやって止めちまえ!全国の学生は洞爺湖サミット粉砕の全国ゼネストをやろう!全学連と一緒に革命やろう。

■危機は資本家!労働者はチャンス! 資本主義が危機です。でも労働者にとっては圧倒的なチャンスな時代です。本当に良い時代です。
 先日G7では「ドル暴落阻止で一致」と言っているが、要するにドル暴落の危機、そして世界大恐慌の危機なわけです。こんな社会もつわけないのです。
 しかも、労働者をこき使い、搾取しまくって成り立っている社会だ。腕が動かなくなるまで働かさせるトヨタの被正規職。見なし管理職で過労死寸前のマックの店長。民営化で過労死がバタバタ出ている郵便局。
 財界のトップの日本経団連は「労働生産性を1.5倍化にする※つまり、同じ給料で仕事を1.5倍させる※」(御手洗富士 夫キャノン会長)「過労死も含めて自己管理であり、自己責任の問題」(奥谷禮子 人材派遣会社ザ・アール社長)てなことを言っている。本当に怒りしか出てきません。
 「資格を取れ」「負け組になるな」と言い、競争したら報われるという幻想を抱かせながら就職率40%の現実。ほとんど集団詐欺です。

■学生は全国ゼネストへ
 労働者は怒っています。08年ほどストライキが似合う年はありません。まさしく革命情勢です。全世界でストライキと暴動が起きています。今まで奴隷労働のように使われてきた労働者がストライキで労働者としての誇りを取り戻し、「社会の主人公は労働者だ」と革命にまっしぐらの熱い闘いを開始しています。
 今年、全学連は強盗会議のG8サミット粉砕のゼネストをやりたい。労働者を搾取する社会を止めちまおう。
 15日、富大当局は権力と一体となって全学連の仲間であるA君を不当逮捕したが、16日の織田講演会の成功からますます学生の怒りと団結になっている。(怒りの声を紹介したいが紙面上、次にします。)しかも、大学当局と権力が逮捕をあらかじめ計画したことが発覚している。富大の学生は共に労働者と共に闘おう。一緒にゼネストやる全学連スタッフ募集してます。※連絡先は前に掲示!戦争と貧困の資本主義を終わらせよう。





A君の不当逮捕弾劾!
アップするのが遅くなりましたが15日、富山大学当局と警察権力が一体となってクラスでビラまきをおこなっていたA君を不当逮捕しました。完全にでっち上げです。本当に許せない!
詳細はブログでアップしているビラを参照してください。

●富山大弾圧カンパ先「郵便振替 00760−2−39331 富山大学(五福キャンパス)学生自治会」
 A君への檄文もお願いします。

●抗議先076-441-2211(富山県警代表)

以下、16日に出したビラの内容です

大学当局が15日10時37分、学生にビラを撒いていた富山大学学生OBのA君を拘束し、警察に売り渡して不当逮捕した。本当に腹の底から絶対に許せない。上等だ!この怒りがますます学生の団結に火を付ける!「A君のように闘おう」を合い言葉にますます革命を呼びかけるぞ。

■A君の不当逮捕を弾劾する
 大学当局はA君を拘束し、警察権力に売り渡し「不審者」として不当逮捕した。絶対に許せない。何が「不審者」「不法侵入」だ。全くのでっち上げだ。
 大学当局の本音は、A君が学生に団結を呼びかけ、資本主義をブッ倒す革命を呼びかける事に対する弾圧だ。髪の毛一本の正当性もない。本当に腹の底から許せない。逮捕された時の経過をみても大学当局があらかじめ逮捕する事を決めていたことが完全にハッキリしている。A君は2時間目の始まる休み時間に新入生に「一緒に革命やろう」と呼びかけ、7番教室で大学職員に妨害され、大学当局に抗議し語学棟下の中庭を通り帰る途中だった。そこに職員達が襲いかかり押し問答になった。そしてすぐさま私服警官を呼び寄せ逮捕したのだ。彼が大学に見つかって数分で私服警官が彼を逮捕している。私服刑事が潜んでいたことからも、完全にA君を逮捕することを大学当局と警察権力があらかじめ計画していたことは明らかだ。本当に許し難い。ハッキリさせよう。この不当逮捕の現実こそ、民営化と合理化で資本家が労働者を搾取し弾圧する現実そのものだ。こんな大学ゼネストして当然だ。学生は団結して全国ゼネストしよう。この不当逮捕の怒りでますます団結しよう。労働者と連帯して革命やろう。

■革命呼びかけてなにが悪い!
 彼は本当に資本主義に対して怒っていた。本当に革命をやろうと学生に訴えていたのだ。これの何が悪いのか。形式的に管理者扱いされ年間1400時間も残業代が不払いにされ、過労死寸前まで働かされていたマクドナルドの店長の現実。30キロの米を運搬する仕事で指を骨折しながら「労災を使ったらお前に仕事が来なくなるぞ」と脅される派遣労働者の実態。学生は卒業しても2人に1人が一生フリーター。卒業してもまともに生きていけない。イラク侵略戦争で石油を強奪しなければ成り立たない資本主義・帝国主義。A君はこんな社会に怒りを爆発させていた。資本主義が作り出した貧困と戦争を止めるために革命やろうと訴えていたのだ。人間としてまったくの当たり前の行為ではないか。

■革命できる!A君のように闘おう
 なぜ、A君を不当逮捕したのか?答えは簡単だ。革命情勢だからだ。本気で資本家は革命を恐れている。労働者・学生の団結を恐れている。
 今、資本主義体勢は完全にボロボロだ。サブプライムローンは崩壊し、世界金融恐慌まで突入しようとしている。資本主義にまったく未来はない。逆に学生・労働者にはチャンスの時代だ。全世界で労働者が戦争と貧困をつくりだした資本主義に対して「労働運動で革命やろう」と立ち上がっている。08年3月16日、イラク反戦5周年を契機に、米国、イギリス、ドイツ、いたるところで「労働者が社会を動かしている。労働者が団結すれば社会も変えられる」とストライキを武器に立ち上がり始めている。日本でも、北海道教職員組合のストライキから。JRの労働組合がストライキ。そして、NHKの受信料の徴収する労組のストライキ。小田急バスの労組のストライキに次々に拡大している。当然だ。社会は労働者が一切を動かしている。全世界の労働者が団結してストライキすれば戦争だって止められるのだ。この資本主義をぶっ飛ばす団結が学生・労働者の回答だ。

 何よりも資本家は学生の団結を恐れている。今や資本主義は学生を「勝ち組・負け組」「資格」で煽り、労働力商品として就職する前から競争させ、非正規、正規で分断しないと成り立たない。こんな資本主義を成り立たせる競争と分断は全くの無意味だ。団結してぶち壊そう。それが全国大学ゼネストだ!革命だ!本当にこれほどおもしろいことはない。学生は団結して革命やろう。A君を取り戻そう。



A君の不当逮捕弾劾!織田講演会は大成功!


A君の不当逮捕は大勝利!学生の団結でとりもどすぞ!


 4月16日、富山大の学生は15日の仲間の不当逮捕に一歩も引かず、最高の団結でキャンパスに登場した。なにが「建造物侵入」「部外者」か! そんなの関係ない。新入生に「資本主義をぶっ倒す革命を一緒にやろう」と訴えたことに対する完全な不当弾圧だ。本当にわかりやすすぎる!
 16日は本当に大勝利だ。当日企画していた全学連委員長織田講演会の織田委員長を含め、逮捕覚悟で団結をかため、朝からの新入生のクラスに突入し、大学職員と大激突しならが不当逮捕弾劾をアジり、熱く革命に決起することを訴えた。

 昼休みには、学生会館前の広場でマイクを握り、富大学生と織田委員長の大アジテーションで反撃した。たまらず大学当局は隊列を組んで30人ほどで突っ込んでくる。大学職員と衝突しながら引きづりだされ学外に出されたが、正門前にはアジを聞く100人の学生が集まっている。「仲間が不当逮捕されている。おれは真剣だ。絶対に取り戻す」「学生は団結しよう。こんな大学当局、資本主義を革命しよう」と一歩も引かない訴えとわれわれの団結に、学生がビラを受け取り激励していく。完全に分岐が生まれている。
 A君の不当逮捕は完全に革命情勢だ。富大はA君を取り戻すためにさらに団結をうち固めて闘う。全国の学生は団結して全国ゼネストやろう。労働者と連帯して革命やろう。

以下、18日に出したビラの内容です

17日の不当な学生自治会室への家宅捜索を許さない。15日の大学当局と警察権力が結託してのA君の不当逮捕しての一連の弾圧だ。本当に許せない。
 なにより16日、富大の学生と全学連の織田陽介君を含め、不当逮捕弾劾の大行動への報復弾圧だ。学生の決起にトコトン恐れている。
 16日は、クラスに不当逮捕弾劾のビラをまき、昼休みは大アジテーションを開始した。学生が聞き入っている。不当逮捕の暴露を大学当局が恐怖し、かつてない職員を動員して、全学連の学生を弾圧してきた。大学当局の弾圧のおかげで学生の大注目だ。大学当局の弾圧の論理も無茶苦茶だ。
 大学と警察が結託して不当逮捕したのにも関わらず、職員、教授は
「逮捕したのは警察だ」
「だれが通報したのか知らない」
→16日の読売新聞に「大学が通報」と掲載!何が知らないだ!
「学外者が出て行かなければならないのは学外者だからだ」
→論理もなにもない。本当に大学の職員、教官か!
「不当逮捕を説明する必要がない」
→逮捕しておいてコレか!説明もしない!仲間を不当逮捕されてぶち切れるのは当然だ。

 さらに、織田君を教職員30人で暴力的に学外へ追い出し、富大の学生を拘束する大学当局。
 しかし、学生が正門前に100人が集まり不当逮捕を暴露する演説を聞いた。
「仲間が不当逮捕されたから俺は本気なんだ」「学生の不当逮捕は許さない」「学生は団結して革命やろう」という演説を聴き激励する学生が現れた。

■やっぱり大学当局が逮捕を画策していた。
 大学がA君をあらかじめ逮捕する事を計画してたことが発覚している。マジ許せない!
 大学当局はA君がクラスでビラをまいていた事に対して「建造物不法侵入」を口実に不当逮捕した。
 しかし、明らかになったことは、大学当局が完全に前日から警察と一体となってA君の不当逮捕を計画していたという事だ。ふざけるな!完全に大学当局と警察権力の犯罪ではないか!どこが教育を名乗る機関なのか?
 15日、1時間目と2時間目の休み時間のなか、A君は7番教室で戦争と格差社会を止めようと学生に訴え、休み時間にビラを撒いていた。
●授業時間になったから帰ろうとするA君を、むしろ教室から出さないように大学職員が妨害したのだ。
 →完全に私服警官が来るまでA君をとどめていくための時間稼ぎだ。
●さらに、職員に見つかってから5分ほどで私服警官が10人前後大学当局に駆けつけている
 →あらかじめ学内に呼んでいないと数分で私服警官が10人前後も来れるはずがない。前もって大学に潜ましていたことは確実。
●彼が不当逮捕され、学外に出されると「まってました!」と言わんばかりに護送車が配置されていたというのだ!
 →つまりこの逮捕はあらかじめ計画されていた逮捕だということ。
●新聞では「大学が通報した」となっているが、「大学が通報した」とは決して言わない。
→大学のやっている事が正しいなら胸張って「逮捕した」と言ってみろ!それとも私服警察が「不法侵入」か!

 さらに、15日の前日も、学生支援課の吉本大学職員がA君に対して、「新聞の裁判判例を知らないのか」「建造物侵入だ」と騒ぎ立てていた!もうデッチ上げの不当逮捕は確実だ!政治弾圧である立川テント村裁判を持ち出し、前日から「不法侵入」を口実にA君を逮捕する気満々だったのだ。本当に許し難い。

■A君はなぜ逮捕されたのか!
 なぜA君が逮捕されたのか!なにが「建造物侵入」「部外者」か!そんなの関係ない。新入生に「資本主義をぶっ倒す革命を一緒にやろう」と訴えた事に対する完全な不当弾圧だ。本当にわかりやすすぎる!
 学卒者でも2人に1人が一生フリーターの時代。正社員でも過労死、サービス残業、ノルマで生きていけない。大学では就職する前から「資格」「勝ち組・負け組」の競争だ。大学では、「勉強をすれば、競争すれば、生きていけるかのように煽る。しかしそんなのは全くの幻想だ。格差社会を全く批判しない。大学も挙げ句の果てには、おかしいと思えば大学当局が不当逮捕!富大では学生自主大学祭も禁止された。サークルの連合体である文サ連も潰された。大学当局が学生団体を分断し支配している。本当に許せない。だからこそA君の不当逮捕はこんな社会、大学は「学生が団結して変えよう!」と訴えた。それが犯罪だというのだ。
 それは、17日の学生自治会の不当な家宅捜索でも明らかだ。「建造物侵入」のくせに、持って行くものは、戦争と貧困を止めようというビラ類ばっかりだ。どこが「建造物侵入」と関係があるのだ!

■資本主義をぶっ倒そう
 A君が富大で不当逮捕される時代だ。戦前の治安弾圧となにが違うのか。沖縄では米海兵隊がイラク戦争でイラク人を虐殺している。自衛隊も一体となって兵站作戦を担っている。
 しかし、同時に資本主義はもうボロボロです。全世界では労働者が立ち上がっています。ストライキを武器に戦争と貧困をぶっ止める闘いが巻き起こっています。労働者と一緒に社会を変えよう。革命やろう






2008年04月15日(Tue)▲ページの先頭へ
新入生は革命的におもしろい織田講演会へ
新入生は大学が禁止するほどやばくて、革命的におもしろい織田講演会へ集まろう!





織田講演会に大学当局が禁止通告
織田君の講演会に禁止通告出してきました。

大学当局は逆に宣伝してくれてあーざーす。



新入生は一緒に全国ゼネスト、革命やろう!
新入生は全学連と一緒に全国ゼネストやって革命やろう!

入学式に巻いたビラアップします。




資本主義支える競争やめ、団結しよう。

全国ゼネストへ

資本主義は腐りきっている

 新入生のみなさん!資本主義を根本からひっくり返すストライキをやろう!全国学生のゼネラルストライキやって団結してしまおう!
 資本主義社会は本当に腐っている。新聞を開けば怒りなしには読めないような記事ばかりだ。マクドナルドの店長は店に社員は自分しかいないのに形ばかりの管理職と扱われて、毎月140時間残業しても残業代は一銭も支払われない。そうやって社員を過労死寸前まで働かせて、マクドナルド資本は5倍の利潤をあげている。
 グッドウィルで働く派遣労働者は、30キロの米袋を運搬する仕事で指を骨折しながら「労災を使ったらお前に仕事が来なくなるぞ」と脅されて労災申請もできずに働かされた。派遣元から一日あたり1万5千円支払われても、派遣労働者には6千円しか支払われない。グッドウィルの会長だった折口はそうやってボロ儲けしてきた。
 福田政権は「いざなぎ景気を超える戦後最長の好景気」などと言っているが、労働者の給料を減らして儲けているだけだろう!!
 福田は今月中にも再議決して再びガソリンに高率の税金を課すという。石油が3年前から5割も値上げされて生活必需品がみんな高騰している。一体誰のせいなんだ!資本家どもが石油の値段を吊り上げて投機でぼろ儲けしているからじゃないか。そして福田もブッシュも石油の独占をねらってイラク戦争をもう5年も続け、数十万人のイラクの労働者階級を殺戮してきた。絶対に許すことはできない。

帝国主義強盗の国際会議
 =サミットを粉砕しよう


 千葉県沖で起こったイージス艦による漁船衝突・撃沈事件は、戦争・軍隊の本質を衝撃的に明らかにした。イージス艦「あたご」は操縦ミスではなく、意図的に漁船を無視して直進した。「あたご」はハワイ沖でミサイル発射訓練を行い、軍事作戦行動の一環として横須賀港に向かっていた。軍事作戦のもとでは漁船など踏みつぶす、つまり「国民の命を守る」などウソっぱちだ。
 イラクやアフガニスタンで天然資源独占のために戦争を続けている強盗のような政治家どもが、7月洞爺湖サミットに結集するG8の連中だ!サミットの中心テーマは「地球温暖化対策」と言われている。サミットに「環境保護」など語る資格があるのか?沖縄・辺野古で珊瑚礁を潰して、新しい米軍基地を造ろうとしているのはブッシュと福田じゃないか。ふざけるのもいい加減にしろ!戦争こそ最悪の環境破壊。資本主義をひっくり返すことが最高の環境保護だ。

世界金融大恐慌の爆発

 資本主義自体がもう終わりだ。ドル暴落と世界同時株安、サブプライムローンの破綻が金融恐慌に転化している。アメリカ10大金融機関の一つである大手証券会社ベアー・スターンズが経営破綻した。資本主義総本山アメリカの経済がついに金融恐慌に突入したのだ。1000兆円の住宅ローンのうち720兆円が証券化されている。これらの証券化金融商品全体の暴落が始まった。
 資本家に金融恐慌を回避する手段はない。恐慌対策と称して、すべての矛盾を労働者階級に押しつけつつ、世界の資源・市場・勢力圏をめぐって激突し、絶望的な世界戦争に突き進んでいる。金融恐慌を世界革命に転化しよう!

ストライキで団結しよう

 学生は資本主義社会のなかでバラバラに分断され、労働力商品としての価値をいかに高めるかをめぐって日々競争させられている。「キャリアアップ」だとか「資格」だとかいうのは、「学生の商品価値」ということだ。就職活動なんて「自分は安くて使い勝手のよい商品ですよ!他の人でなく自分を買ってください」という競争じゃないか。卒業しても「2人に1人は一生フリーター」「正社員に採用されても過労死寸前の強労働」という現実だ。分断と競争ではなく、団結にこそ生きよう。大学は労働力商品としての競争の出発点だ。ここで競争をやめ団結したら資本主義は崩壊する。
 今や大学は、労働者家族から収奪する「貧困ビジネス」だ。年収200万円以下の働く貧困層が1000万人に拡大しているのに、大学の授業料は上がる一方だ。「奨学金」を受け取っても、卒業したら莫大な借金を抱えて社会に放り出される。この中で富山大当局は学則を勝手に改悪して「自治会も学祭実も文サ連も非公認」「学内で政治活動は禁止」とわめいて、学生を分断し団結破壊に必死になっている。
 ストライキと革命の時代が来た。米軍基地労働者の組合、全駐労が全国ストライキ。北海道教職員組合も全組合員1万5千人がストライキ。3月16日の全世界のイラク反戦デモの中、JRの運転士・整備士の組合、動労千葉がストライキ。この闘いは日本・アメリカ・韓国の労働者が国際的に団結して、戦争を止め世界革命に向かう闘いに発展している。
 ストライキをやって団結することで誇りを取り戻すことが出来る。富山大学でストライキやろう。人間を労働力商品として扱う資本主義をぶっ潰す、大学をそういう団結の砦にしよう。

コラム
4/16全学連委員長・織田陽介君講演会

革命の時代が来た
競争やめ団結しよう
サミット粉砕!
全国学生ゼネストへ

 ●4月16日(水)午後1時半〜
 ●学生自治会室(共通教育棟2階)集合


   


2010年は勝利の年だ!
退学処分撤回!西頭学長を打倒しよう!


新着トラックバック/コメント

カンパのお願い
富大ビラまき弾圧粉砕のカンパをお願いします。お手数ですが以下の銀行口座か郵便振替口座に振り込みをお願いします。
●「北陸銀行 五福(ごふく)支店 普通 1001370
富山大学一般教育自治会」
●「郵便振替 00760−2−39331 
富山大学(五福キャンパス)学生自治会」

カレンダ
2008年4月
   
     

アーカイブ
2007年 (22)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (3)
2008年 (25)
3月 (4)
4月 (11)
5月 (10)
2009年 (14)
12月 (14)
2010年 (43)
1月 (5)
2月 (4)
3月 (2)
4月 (23)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (1)
8月 (1)
2011年 (1)
5月 (1)

アクセスカウンタ
今日:27
昨日:58
累計:421,380