鳩山の23日訪沖を許すな! 富山駅前で街宣






[PR]



2010年05月12日(Wed)
鳩山の23日訪沖を許すな! 富山駅前で街宣
 辺野古杭打ち桟橋案の正面突破をかけた鳩山の23日再訪沖が報じられる中、北陸労組交流センター、北陸ユニオン、富山大学学生自治会は、沖縄署名をよびかける富山駅での宣伝活動を行いました。



 のぼり旗やプラスチックボードを立て、「沖縄に基地はいらない」「基地も安保も反対」「鳩山政権ぶっ飛ばせ」「青年・学生は沖縄現地行動に集まろう」と訴えると、雨で足早になっていた人々の足が止まり、次々に署名が集まりました。





 69年にパスポートをとって沖縄に渡航したという男性は、「東京で安保に反対するデモをやっていたが、復帰闘争のときに沖縄にも行った。嘉手納基地でB52の黒い機体を見た」と署名。「胸が熱くなる。沖縄行きがんばってきて」とカンパもくれました。

 富山で空襲を体験したという女性は、「なんで戦後65年も沖縄に基地があるのか。空襲でここも焼け野原になった。戦争は絶対にくり返したらいけない」と署名。さらに、たまたま通りがかった沖縄市の市議団も「訴えてくれてありがとう。がんばって」と署名していきました。

 とりわけ、次々に寄ってきて署名してくれたのが高校生です。「ヘリはうるさいですよね。ぼくも体験したことがあるけど、あれが毎日なんて耐えられない」「基地はいらんがと思う」などと署名。近くで見ていた女子高生4人のグループも、「テレビを見ました。署名します」と集団で署名。「マミー(お母さん)の分も書こう」「おばあちゃんのぶんも」と次々に書いていきました。







 一方、4者4団体の「和解」受け入れ以降、頻繁に妨害にくるようになったJRの管理職が今日も妨害に現れました。「あっちでやれ」「(のぼり旗を)撤去しますよ」と突っかかってきましたが、毅然と抗議して一蹴。いつもはしつこく妨害してくる彼らですが、渦巻く労働者人民の怒りに押され、そそくさと退場せざるを得ませんでした。
 結局、今日は一日で102筆の署名と1万5千円のカンパが集まりました。これが沖縄とつらなる富山の、全国の怒りです。
 鳩山は5月4日の訪沖で打ちのめされながらも、あくまで辺野古に基地をつくろうとしています。振興策のカネをちらつかせ、一部の訓練移転や射爆場返還などアメをちらつかせ、これまでのすべての言辞を居直って。こんな愚弄が許せるか! 再訪沖が許せるか!
 5・15−17沖縄と本土の青年・学生は団結し、鳩山政権をぶっ倒そう! 基地も戦争もない未来を切り開こう!


   


2010年は勝利の年だ!
退学処分撤回!西頭学長を打倒しよう!


新着トラックバック/コメント

カンパのお願い
富大ビラまき弾圧粉砕のカンパをお願いします。お手数ですが以下の銀行口座か郵便振替口座に振り込みをお願いします。
●「北陸銀行 五福(ごふく)支店 普通 1001370
富山大学一般教育自治会」
●「郵便振替 00760−2−39331 
富山大学(五福キャンパス)学生自治会」

カレンダ
2010年5月
           
12
         

アーカイブ
2007年 (22)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (3)
2008年 (25)
3月 (4)
4月 (11)
5月 (10)
2009年 (14)
12月 (14)
2010年 (43)
1月 (5)
2月 (4)
3月 (2)
4月 (23)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (1)
8月 (1)
2011年 (1)
5月 (1)

アクセスカウンタ
今日:27
昨日:58
累計:421,380